2017年06月21日

つぶやき その64

季節は6月、しかももう後半です。田植えの終わった田んぼは1日ごとに苗が大きくなっていく様子が見られるはずなのですが、なぜこんなに肌寒いのでしょう。例年ですと、畑の野菜だって今頃は大きくなったキュウリやナスの初収穫ができる時期なのに、野菜も大きくなれません。
早くサンサンとした陽射しをいっぱいに受けて真っ赤になった甘いトマトも味わいたいですね。
170621_01.jpg

170621_02.jpgさて今週の雲蝶の作品の紹介は、越後に1千点余り存在すると言われている作品の中で、約1割の作品を収蔵している針倉山永林寺という寺院をご紹介します。
美しい天女の欄間をお持ちのこの寺は、曹洞宗の寺院で雲蝶が魚沼で仕事をしていたころ、13年間雲蝶を居候させてくれたところです。そのおかげでこの本堂は数にして108点の雲蝶の作品で埋め尽くされています。
代表的なものでは皆さんが絶賛するパンフレットの表紙を飾っている天女の欄間をはじめとして、天邪鬼の香炉台などは以前ここでも紹介いたしました。

今日は本堂だけではなく、こちらのご住職様は遊び心なら雲蝶に負けないくらいの作品を作っていますよ。
一度でも訪ねたことのある方なら、「そうそう、これ!ついつい笑えちゃうね!」って、思うのではないでしょうか?

170621_03.jpg境内のお庭の桜の木の前に、黒い大きな石碑が皆様を出迎えてくれます。この石碑には魚編の4文字が刻まれています。

』『』『』『

さて、皆さんなら何と読みますか?素直にお読みください。

さけ、さめ、たら、こい
つまり「酒、醒めたら来い
お酒を飲んでの参拝はご遠慮ください、という意味の石碑なんです。

極め付きはこちらです。

170621_04.jpgこの石碑は参拝が終わって帰るときにお読みください。
全て虫偏です。

』『』『


へび、かえる、か で「じゃ、帰るか」ですって!

この後が爆笑です。

170621_05.jpgこの石碑のすぐ横に小さい石彫りが1つ、寄り添っています。



はえ  つまり「じゃ、帰るか」という言葉に「はい」と返事しているんです。

雲蝶の作品はもちろんのことですが、それに負けない遊び心をもっているお寺さんです。
こちらに参拝に来られた時は、境内もゆっくり見ていただく時間があると心が洗浄されて帰れますよ!

ではまた来週

すい子

 
posted by 南魚沼雲蝶会 at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 会長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月14日

つぶやき その63

先週の土曜日、『雲蝶のロマン、湯沢瑞祥庵のバスツアー』が盛況のうちに終了しました。
水曜日に新潟日報に掲載していただき、その問い合わせが殺到し主催の雪国館では嬉しい悲鳴だったようです。
早いうちに満員御礼となってしまいました。

当日は1時間ほど雪国館で今までのおさらいをして、それからバスで出発です。
170614_01.jpg

170614_02.jpg170614_03.jpg

何はともあれ、先ずは腹ごしらえが先です。

170614_04.jpg協賛してくれた白瀧酒造さんからの「上善如水 」で喉を潤し皆さん満面の笑顔!!

そりゃそうだ!

昼間っから堂々とお酒を飲めるのは特別の日だけですからね。見てください。この嬉しそうな皆さんの顔(笑)
170614_05.jpgおまけに小瓶のお土産付きです。
白瀧酒造さんにはお世話になりまして、本当にありがとうございました。


私の著書「私の恋した雲蝶さま」の中で、湯沢の瑞祥庵の事も書かせていだいていますが、安政2年創業の白瀧酒造さんは唯一の湯沢の酒蔵ですので、雲蝶が瑞祥庵の仁王像を手掛けるころと時代が重なります。おそらく酒好きの雲蝶は白瀧酒造の美味い酒を飲みにこの湯沢に来たのだろうというような内容を書いた記憶があります。

雪国館のスタッフはこの本を持参して白瀧酒造さんを訪ねたと言っていました。
そのご縁で協賛してくださり、白瀧酒造さんの代表酒「上善如水」を飲ませていただき、そして参加者全員に小瓶のプレゼントです。皆さんはおいしい、おいしいの連発でした。

170614_06.jpg170614_07.jpg

170614_08.jpgその後に瑞祥庵を訪ねたのですが小雨の中にも関わらず、あの長い参道をきれいに草刈りをしてくださっていました。
それを見た時は、有難くて頭が下がる思いがしました。

多くの方々にお世話になって、大盛況に終わった湯沢に1つしかない雲蝶の作品を訪ねるバスツアー、これを機会に湯沢の雲蝶に会いにきてくださる人が増えてくれると嬉しいです。

ではまた来週

すい子


 
posted by 南魚沼雲蝶会 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 会長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月07日

つぶやき その62

《新潟日報に掲載されました!》

7日の新潟日報に取り上げていただきました。

170607_01.jpg170607_02.jpg



170503_01.jpgつぶやき57でもご紹介しましたが、10日に催行されるミニバスツアー、『雲蝶のロマン、湯沢瑞祥庵にのこる仁王像を鑑賞するツアー』がまもなく催行されます。
湯沢に残るたった1つの雲蝶作品、守っていかなければなりません。
足元もよくなりました。皆さんもアジサイの咲く参道を歩いてみませんか?


すい子


 
posted by 南魚沼雲蝶会 at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 会長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする