2018年08月08日

つぶやき その114

暑中お見舞い申し上げます

≪ 第1回 「 雲蝶、源太郎のこと!おしえて すい子さん 」 が開催されました ≫

180808_01.jpg
湯沢町観光協会雪国館主催の「 おしえて!すい子さん 」マニアックなタイトルですけど、8月中4回開催の予定です。
先日1回目が開催されました。
同日、相撲の巡業、湯沢場所と重なりまして横綱白鳳関の人気に、少し押され気味(笑)でしたが、雪国館を見学に入館してくれた観光客が参加してくれました。

午後1時から4時までの間、都合のいい時間帯に来ていただいて参加するという方法です。
途中時間がきたら「私、ここでお先に!」ってな感じでドロンしていただける変な講話なんですが、この方法案外いいかもしれません。
講演会と名が付くと、どうしても専門的な畏まった話が一般的 ですが、私の講演の目的は「石川雲蝶の魅力を伝える」事なので、講演会というより、講話と言った方がより近いのかもしれません。

先日は、三重県から来てくださった2人が「石川雲蝶作品めぐり」のDVDを興味深そうに見ていたので、時間前でしたがそこから勝手に始めてしまいました。始まりの挨拶もなく自己紹介もなく、すると、また東京からの観光客のご夫婦が参加して賑やかになりました。

180808_02.jpg
1時から4時の間に皆さん入れ替わり立ち替わり、広い会場など必要ないです。
雲蝶の話も質疑応答などではなく、誰でもその話の中に割り込むことができ、自分の雲蝶像を存分に話していただけます。
その中で、どうして?とか、なぜ?っ ていうそれまで判らないでいた事が、雑談の中で聞きながらいつの間にか雲蝶の人間性も想像できちゃう!(^^♪
通常の講演会だと、時間に間に合わなかったり途中退席するのは気が引けてしまいますよね。

自由な時間の中で参加していただくっていうこの方法は参加しやすいのかもしれません。(話の内容によりますけど)
そして雪国館のスタッフさんが熱いお茶や冷えた麦茶を出してくれました♬
またこの日は皆さんに冷えたスイカまでふるまってくれましたヨ! なかなかないなぁ、こういう講話(笑)

180808_03.jpg
写真のご夫婦は雲蝶の作品の写真をたくさん撮っていかれたので、きっとブログなどで雲蝶を盛り上げてくれるのだと思います。
次回 は雲蝶ツアーに参加したいと言って帰られました。
手前にいる2人は南魚沼市の議員さんです。食やスポーツとは違いマニアックな雲蝶に興味を持って参加してくださる議員さんがいる事にとても感謝しています。

まもなく2作目の雲蝶に関わる著書が出版されます。
私がどうしても書きたかった雲蝶と魚沼の人々との交流で生まれた作品群を、誰も語らないエピソードとしてまとめました。
雲蝶の人となりが少しでも読む人に理解していただけるのではないかと、読後の感想を楽しみにしています。


ではまた来週



すい子
posted by 南魚沼雲蝶会 at 08:00 | Comment(0) | 会長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月01日

つぶやき その113

≪ やっぱり私の 「彼」 は謎の多い人だった!! ≫

今までどれだけ多くの雲蝶の作品を観てきた事か。そして、どれだけたくさんの写真を撮ってきた事か。
また最近は遊び心のある彼が残した刻銘を探す楽しみが増えました。 これがまた実に面白い!

” トラは死して皮を残し、人は死して名を残す ”とか・・

雲蝶の面白さはこんなところにもあるのかもしれません。
銘を残すという事は、未来に宛てた自己PRですので、雲蝶は160年前に現代に向け て自身のアピールをしていたのかもしれません。
特にこの人の銘は定まりがありません。作品にもバージョンによってたくさんの名前を使い分けています。

いったい何を基準にしてこれだけの名前を使い分けているのか、自身の中に未来の人々にメッセージを託しているのか??

「この作品の中に残した絶対判らない刻銘を、探せるものなら探してみろ!」と言わんばかりに、まるでクイズのような遊び心で現代人に問いかけているように思ってしまうのです。
180801_01.jpg
そう思って探し始めると、ワクワク感が膨らんで思いがけないものまで見つかってしまいます。
そういうものをツアーバスの案内に加える事で、雲蝶に関心を持 ってもらえる私の一つの作戦です。(笑)
180801_02.jpg
ともあれ、たくさんあり過ぎる雲蝶の刻銘も、中には本人が手掛けたものではないものがあるようですが、それを見分けるのはプロの先生にお任せして、ここでいくつか掲載する刻銘を「楽しんで」ご覧ください。
そして後世に名前を残すという事は、自己のPRをするという事ですので、これぞ!と思うものがありましたら、皆さんも是非、自分の作品に名前を残してください。

どんな世の中で、どんな事になっているかわかりませんよ!(^^♪


ではまた来週



すい子
posted by 南魚沼雲蝶会 at 08:00 | Comment(0) | 会長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年07月25日

つぶやき その112

≪ 8月の毎週金曜日(第3を除く)お越しください!湯沢町雪国館へ  ≫


未だかつて記憶にないような灼熱の日々、毎日繰り返される熱風に忍耐の限界が見えてきたような気がしています。
追い打ちをかける様な天気予報、日本列島は晴れマークばかりが並び皮肉なものですね。
雨の為に水害に遭い、そして今、水不足で苦しまなければならないのですから。
一刻も早く日常の生活が取り戻せるよう、願う事しかできない無力さを痛感しています。

また熱中症対策で各地のイベントも中止が出始めていますが、湯沢町観光協会の雪国館では、屋内につき予定通り開催いたします。

石川雲蝶に興味がない人も、余り関心がないという人もどなたでも Welcomeです。 
やっと、石川雲蝶の名前だけは知ってもらえるようになりましたが、興味を持ってもらうにはまだアピールが足りませんね。
期間中、『 雲蝶の事を何でも聞いてください! 』をテーマに、4回にわたって楽しく雲蝶を知ることができるミニ講演です。
嬉しい事にお茶も出してくださるようですヨ(^^♪ 

180725.jpg
日にちは
8月3日、10日、24日、31日 午後1時からです。
会場は湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」
湯沢町大字湯沢354-1
電話:025-784-3965

詳細はご遠慮なく雪国館にお問合せ下さい。

ではまた来週

すい子

 
posted by 南魚沼雲蝶会 at 08:54 | Comment(0) | 会長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする